技術屋の本懐を叶えるべく

フロントエンドエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアの年収は年齢や経験・スキルによって差が出てくる。近年ではWebサイトを持っている所が多く、それに伴ってHTMLやCSS,JavaScriptの専門家で設計及び実装を行うため需要は増加している。そのため、企業でも求人が増えており、条件も他の職種と比べると好条件の所が多いのだ。
フロントエンドエンジニアはコーダー、マークアップエンジニアの上位職と言われており、最初はコーダーからスタートしてステップアップしていくのが普通になっている。そのため、年収の方もコーダーから徐々に上がっていく形になるのである。コーダーとはHTMLやCSSを使ってコーディングしていく職種だ。
そして、マークアップエンジニアとはコーダーの仕事に加えてJavaScriptなどを扱う仕事になる。
ただし、コーディング以外のことをやっているコーダーも普通におり、明確な区別はあるようだが実際の現場でははっきりとしない事が多い。基本的にはコーダーから始めてマークアップエンジニアとステップアップし、フロントエンドエンジニアとなる。
また、収入もステップアップするごとに増えていくが、どの職種でも高度なスキルを持っており業務範囲が広いとたくさん稼ぐことができるのだ。
このように、収入は他の職種より好条件が多いものの、高い技術や知識が求められ専門性も高くある。なので、コーダーから始めてステップアップしていき着実に実力を付けていく事が重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です